ーProduct Detailsー

  • 縫製は、肩・アームホール・袖下を中心に、フラットシーマを使用し、さらに脇にガゼットをはめ込んでいます。

  • 縫製糸は、太番手の綿糸を使用することで、強度面はもちろん、ステッチ自体がデザインアクセントとなっています。

  • 袖口リブは、小寸編み機による縫い目のない筒状リブ。縫製はもちろんフラットシーマを使用しています。

  • 左袖には、刺繍職人さんに仕上げて頂いた、お馴染みの“039ハンドル刺繍”です。

ジップアップフーディ (杢グレー)

¥32,000+tax

  • フードは、ハギ無し一枚仕立てのダブルフード仕様。

  • ファスナーは、アメリカ製のUNIVERSAL復刻盤ファスナーを採用。

…and more

クルーネックスウェット (杢グレー)

¥26,000+tax

  • 衿は、あえてバイアス地にした、こだわりの二つ折りバインダー仕様。

  • 首周りの前後のガゼットは、ヴィンテージに忠実な、はめ込みガゼットを採用。

…and more

プルオーバー フーディ (杢グレー)

¥29,000+tax

  • 袖のパターンは、三型の中で唯一肩周りがスッキリとしたデザインとなる、ラグランスリーブを採用。

  • カンガルーポケットの上部は、あえて中縫いのみにしステッチを隠すことで、ふっくらした立体感と存在感を強調。

…and more

ー素材へのこだわりー

  • 中世貴族が惚れ込んだ最長繊維長を持つ「幻の棉」と言われている「海島綿」。そのDNAを100%受け継いだのが「アメリカンシーアイランドコットン(ASIC)」。協会認証を受けた会員だけが使う事を許される幻の棉を使用しています。

  • アメリカで古くから使われている空気精紡方法(オープンエンド糸)を採用。糸全体に出るシャリ感と、絶妙なラフ感が魅力。ASICを使ってのオープンエンド糸は世界初です。

  • 日本国内でもわずかな台数しかない「吊り編み機」。1日に数メートルしか編むことのできない編み機で、ゆっくりじっくり編み、糸本来の良さを活かし、なんとも言えない風合いの生地に仕上げています。